構造医学とは

病院では、痛みへの対処療法として痛み止めや湿布を処方したり、牽引・リハビリを行うことで痛みの緩和を目指しますが、これまでの日常生活で歪んでしまった関節や骨格を原因とした症状を改善させることはできません。

当院では、構造医学をベースにした整体を行います。
独自の器具を使って「関節・骨格・筋肉(筋硬結)」を整えることで、整形外科では改善しなかった痛みをどこよりも早く改善に導きます。

医師により考案された、病院でも多く使われる手技療法です。

痛みやコリの原因となる筋肉を中心に、摩擦と圧迫を繰り返すことで、マッサージでは届かない深くまで刺激を届けます。

血液の循環がよくなることで自律神経が整い、マッサージでは良くならないコリや痛みを改善することができるのです。

関屋名倉堂接骨院・鍼灸院